ソシオワークの始まり

私たち池田てぞろ福祉会「ソシオワーク」は、初代理事長であった(故)秋山孝夫さんが昭和53年、自宅に障がい者を通わせて蛍光灯の製造を行い、秋山工作所として出発したのが起源です。
 そして、平成15年に基本資産の半分を市から補助を受け、残りを保護者と職員で出資し、社会福祉法人池田てぞろ福祉会を設立して「住吉作業所」として新たな活動を開始しました。

多機能型事業所へ

平成15年度から平成23年度までは、事業として「就労継続支援B」事業のみを行っていましたが、利用者の高齢化・重度化に伴い、平成24年4月より「生活介護」事業も加え、多機能型事業所として再船出をいたしました。
そして、生活介護事業の基準に合わせ、看護師・理学療法士を職員として採用。更に発達障がいの臨床経験豊富な小児精神科医を嘱託医師に招き、より質の高い支援を行える人員体制を築きました。

より進んだ専門的アプローチ

現理事長 狩野洋一が米国ノースカロライナ大学で学んだTEACCHメソッド(ティーチメソッド)」を取り入れた環境作りやトレーニング課題を提供した支援を開始。
また、利用者の特性の詳細なアセスメントを行うため、「PEP-3検査」「TTAP検査」「感覚プロファイル」を取り入れるなどの取り組みも行い、重い自閉症スペクトラムの方々にも安心して通所いただける環境を提供できるようになりました。

新たな取り組みへ

その後も、欧米諸国ではリハビリテーション分野などで広く取り入れられている「フェルデンクライス」という手法を支援プログラムに取り入れ、利用者の心身の緊張緩和や身体と知的機能、潜在能力の開発に向けた新たな取り組みを行っており、大きな手応えを感じております。
現在では、他の支援施設では安定しなかったという他府県からの利用者も増え、利用者の約6割が自閉症スペクトラムの方々となり、多くの方々にご支持いただいています。

新生「ソシオワーク」へ

令和2年5月、施設名を「ソシオワーク」に改め、新たな船出をいたしました。これからももっと利用者や保護者の方々の期待にお応えできるよう、更なる飛躍に向けて様々な取り組みを行ってまいります。